TweetsWind

久々の仏岩2017/01/29 20:53

今日は天気が崩れるという予報の中、久しぶりに仏岩で登って来ました。
先週から続いた喘息と声の擦れから随分良くなって、外岩で登る気力がようやく戻ってきた感じです。

メンバーに遅れて重役出勤、奥仏で登ります。
沙悟浄、外傾するホルドに手こずる。
西遊記、ハング左の核心は登れたが、その上で迷ってしまった。

早くも昼休憩になる。
ほかほか亭、ハング越えで、左のピナクルを使わないと少し難しくなった。
猪八戒、ホルドを探すのが難しかった。

ここで雨粒が落ち始め、降り続くのか微妙な感じでしたが、
今日はここで終わって早々に切り上げてきました。
最近体を動かしてないので、リハビリ気分で岩場に向かい、久々に
外傾したホルドに触って体に刺激が入った感じです。

半日の槇尾山仏岩2014/10/26 22:01

土曜日に半日でしたが、槇尾山仏岩に行って来ました。
朝から快晴で気持ち良い天気なのでもったいない。昼から出かけることにしました。

岩場では、今日のメンバー3名が登っており混ぜて貰います。
1.パイン、いつ登ったか忘れるくらい登ってません。久しぶりに登って難しく感じます。
2.change、棚から一歩が出し難い。核心で落ちそうになる。

3.お・も・て・な・し、OS後に1回登ったら上部核心で落ちて、今度で3回目。
核心ムーブが出来ないと思ったのでTRで登って見たら、予想通り核心で落ちてしまいました。
支点の左側を登ろうとしていたのですが、何度やっても難しい。
結局右側のカンテに向かって登ると何とか右手が届きました。
OSした時も右側を登ったように思います。
降り際にムーブを固めましたが、今度まで覚えているやろか?

短時間でしたが、気持ち良い午後を過ごすことが出来て満足でした。
仏岩は年会員並みの回数で来られるので、時間が空けばまた行きます。

連休初日は槇尾山仏岩2014/10/11 20:07

台風に迷わされる週末になり、遠征が中止になったので、槇尾山仏岩にいってきました。

午後からゆっくり出かけます。
尾根道を下仏に向かっていると、大きな声がしています。

上仏と下仏の境にある、上り下りする途中の岩が剥がれて、それを落とす時の騒ぎだったようです。
私が上がった時は、既に処理が終わり、岩屑が暗部に溜まっていました。
途中の手掛かりが無くなったので、下降には特に注意して下さい。
今日は懸垂で降りている人達もいました。

さて、今日の仏岩は、今までなかったような賑わいです。
上仏も下仏も、奥仏もグループで賑やかです。

私は、upもなしにクライシスから開始することになりました。
1.クライシス、2回RPしてるのに、今日は核心で思いっきり動けずジタバタしてテンション。
ここの核心ムーブはいろりろ有ります。
①クロスで左手をカンテに伸ばしてから、バランスを取りながら右手を出すムーブ。
②右手を保持し、左手の指先でスラブのホルドを保持して右手をカンテに伸ばすムーブ
③右手でマッチして右手をカンテに伸ばすムーブ
④左手で少し上の斜めアンダーを保持しながら右手を飛ばして右手でカンテを取るムーブ

今日は①で失敗して、④を試したが駄目、また①でやり直して成功。
毎回どのムーブにするか迷います。
降りる際、全てのムーブを試してみましたが、どれも大差無し。
まだ最適なムーブが分かりません。

次は,下仏に移動して。仏岩で時折見掛ける方にビレイしてもらいます。

2.三遊亭玉三郎、直登して終わり、ここはロープが痛むので、懸垂で降りる。
3.幕間、なかなか登る機会がないルートだったが、取り敢えずOSできた。3pinのクリップが核心でした。ここも懸垂で降りる。

奥仏に行くと、単独の方がおり、しばらく話す。
上仏に戻ると、開拓者に勧められ満願成就に挑戦。

4.満願成就、何と言っても2pin前の2手が最大の核心です。
開拓者の登りを見ていたのですが、私は同じムーブを起こせません。
全然登れないので、A0で上がろうとしますがこれも駄目。
一旦降りて、足場用のクイックドローを用意して再度登る。
漸く2pin目のくリップが出来ました。
上部の核心でもテンション、でも、次回はここは上手く登れそうでした。

難しいルートでしたが、一番楽しめました。
時間も無くなり本日終了。半日でも遊べる岩場があって良かった。

槇尾山で半日2014/06/02 12:40

土曜日は午後から仏岩に行って来た。

既に登っていたメンバーと合流、14時を過ぎてました。
上仏で登ることにして、
神も仏もナイン
久しぶりに登ったら、ルートを左に間違えそうになる、
持てるホルドが中々見つからず登り難く感じた。
終了点に残置が掛かっていました。

お・も・て・な・し
1pin目が最初の核心、3pin掛けて次は水平クラックにカムを使う。
上部の核心で、登り方を見つけられずテンションしてしまった。
OSした時はどう登ったのでしょう???
足場に上がるまでが持ち難いホルドで、何とか我慢した。

16時を回り、でこでこで盛り上がるメンバーを見て終わり。
比較的涼しくクライミング出来た半日でした。

快適だった槇尾山奥仏岩2014/05/25 21:53

今日は奥仏岩で遊んできた。
当初の天気予報では、夏日になるようだったが、一時青空が見えたものの、終始高曇りで陽射しが遮られ快適に登ることができました。

仏岩は数える程、しかも前回から数年経過している女史を案内しながら駐車場を発った。
仏岩全体像を説明したら、おぼろげだった記憶が呼び起こされたそうです。
今日は接待クライミングの日なので、昼前から奥仏岩でマスターOSトライのビレイ開始です。
以下女史の登り。
1.夕やけ小やけ、3pin目から上が5.7にしては難しそう。A0 で登った。
2.再登、今回もA0 になってしまった。降り際に再度ムーブの確認する。
私も登り、5.7にしては難しく思った。10aあると言っていたらしいです。

取り敢えず昼休憩
3.天竺、慎重に登ってMOS。自身初のMOSだそう。嬉しそうです。
次の玉竜を探していたら1本右側を登ってることが判明する。
玉竜MOSでした。
実際は、10aのあかね雲と玉竜を登っていたのでした。道理で難しいと思った訳です。
案内人としては失格でした。反省。

4.夕やけ小やけ、足場をしっかり確認しながらMOS。
5.天竺、登り易そうでMOS。
6.沙悟浄、この辺り下でビレイしてても午前中と見違えるようで動きが滑らかになってきた。MOS。
7.猪八戒、長いルートも慎重に登れてMOS。本日5本目のMOSです
8.ほかほか亭、流石に核心で止まったが、渾身の登りでMOS。6本目。
絶好調でした。

夕刻になり、最後の挑戦。
9.あかね雲、午前中の失敗を糧に、練習したムーブを決めてMRP。

これでMOS6本とMRP1本、私は全てRP、本人も嬉しそうでした。
終始静かだった奥仏岩で、梅雨前に快適に過ごせて楽しめた1日でした。

意気消沈の仏岩2014/04/13 20:36

今日は久しぶりに仏岩に行って来ました。
天気予報では午後から微妙なので、岩場に着くと早速登り始めます。

先ずは奥仏を御案内も兼ねて登ります。
猪八戒、今日は特に体が動かなかった。
沙悟浄、一部岩が剥がれた(?)ように思った。
西遊記、ハングを越すのに一瞬戸惑う。この辺りルートが近接してるので間違えて上部を右に行ってしまった。
ほかほか亭、終了点下が苦手です。

早くも昼になり、午前中は4本で終わり。
休憩中に烏帽子の事故を検証した。

クライシス、RPして以来登って無かったのでホルドを探しながら登って消耗した。
上部核心のカンテを取りに行く時、勢い良く出した右手が岩に接触してカンテに届かず落ちてしまう。
ムーブを換えると取れたので、降り際にも再度試し確認した。残念。

年末に出来た満願成就。
1pin掛けて、上のカンテを取るまでが核心なのだが、全く保持できず落ちるのみ、諦めて降りた。

燃焼不足なので、ゆるして大阪に取り付く。
ここもRP以来なので、核心ムーブの動きが悪く左のカチが取れず何度も落ちる。諦めて降りた。

どうにか最後まで保った天気の中、快適でしたが、
以前RPしても、しばらく触ってないと直ぐに登れなく為っており、
今日は再確認する日になってしまいました。
クライミングはやっぱり継続ですね。

槙尾山上仏に新ルート2013/11/16 22:01

今日は朝から快晴で、全く予報通りだ。小春日和と呼ぶに相応しく、朝寒さを感じたものの徐々に暖かくなって快適な1日でした。

今日の岩場は、久しぶりに槙尾山仏岩。何やらIさんが新ルートを作ったらしい。
用事を済ませ遅れて出発。昼前には駐車場が一杯の車で溢れていた。

上仏の岩場には、烏帽子でお会いする方々が居て既に新ルートにトライされているようだ。
今日のメンバーは、下仏を登ってたので私も参加する。
1.くのいち、何年ぶりでしょう、足場に気をつけ登った。

2.太陽に背を向けて、くのいちの右横。下部の小ハングを登ると、手順がアレ?その上もアレ?どうも手順が反対だ。戻って仕切り直そうと思ったが、そのまま右に折れ登る。中間部のハングを越し直登は怖そうなので、くのいちのカンテを使って登ってしまった。一応登れたが、直登してないのでMOS為らず。

3.2便目、今度は下部も手順を考え直登、2pin掛けるまでが怖い。ハングから上も直登してRP。これで納得した。

上仏に移動して、みなさんが登った新ルートに挑戦。
神も仏もナインと仏の顔も三度の間に出来ていた。

4.お・も・て・な・し、神も仏もナインと1pin目は共通だが直登する。左に逃げると登ったことにならないらしい。
バンドで一旦休憩。さてどう登れば良いか考える。
持てそうなホルドにはチョークが付いていたので分かり易い。
少しランアウト気味の所には横にクラックがあってカムが決められていた。
上のバンドで再度休憩、ここからが核心らしい。
ホルドが有ったので、それに従って登ると核心を過ぎた。
最後は、右にトラバースして終了。ルート企画者のAさん、作成者のIさんに続きOSして第3登になったが、マスターではどうだったか疑問です。体感は10cでした。

遅くなった昼休憩。
昼からは下仏で登る。

5.北風小僧、核心のハング越えで、右の斜面が崩壊している。以前登ったホルドが無くなっているように思った。
左からアンダーを取って右斜上に登って核心を越した。

6.松の木小唄、核心のハング越えでホルドが無くなっていると感じたが、それは間違い
だった。何度かトライしても出来ないのでA0で登り核心を越す。終了点の松の木に掛かるロープが信用できず、右に在った終了点に掛けて下りた。核心は右アンダーから左でクリップすると作者が言ってました。

ここで16時前になって、懸垂で終了点のクイックドローを回収して本日終了。
秋晴れの心地良い1日を楽しく過ごせました。

梅雨空の仏岩2013/06/02 21:26

今日の天気予報では、梅雨に入り前線の影響ですっきりしない天気だった。
昨夜も一雨あったので、どの程度登れるか分からぬまま岩場に向かうと、ほとんど影響ない状態で一安心しました。

尾根道を登り小仏岩に着くと、栞さんが既に来ており整備中でした。
広い仏岩で登ってるのは我々だけで、鳥の鳴き声と蜂が飛び交う羽の音しか聞こえません。
烏帽子とはエライ違いやと話ながらゆっくり登り始めた。

小仏岩は、記録を見直すと3年間登ってませんでした。
超久しぶりなので全てOS気分です。
1.ワタリ、左カンテは使わない限定。終了点下のホルドがポイントでした。RP。
2.松子の涙、2pin後と上部に小さな核心があった。MRP。
3.はばたけチョウゲンポウ、2pin後に核心有り、右斜上の岩の処理人に依り違いました。終了点下も登りにくい、RP。
4.鬼子母神、2pin後が核心。3pin掛けるムーブを探すのに登ったり降りたりすること数回、休んでても腕が張ってくるので落ちる覚悟で右上のホルドを取ると、しっかり親指が効きクリップできた。
その上も効きが悪いホルドで保持して右上のガバを取ると一安心できる。
慎重に登ってMRP。ほとんどOS状態でした。

早くも13時になり休憩。
奥仏岩に移動する。
5.ほかほか亭、2週間前に登ってるので素直に登れた。RP。
6.昆明の彼方、これも2週間前に登っており、ハング上のトラバースも落ち着いて出来るようになった。その上が今日は登り難く、少し右寄りに登ったが、ホルドを見逃していた。RP。
小仏岩に戻り、午前中にテンションした鬼子母神を登る栞さんのビレイ。
見事リベンジ成功でした。

下仏岩に移動。まえから気にはなってたものの、なかなか登る機会の無かったルートを触ってみた。
7.でこでこ、1pin後が核心らしいが、私は3pin後の逆層スラブの方が遙かに登り難く感じた。OS。
8.げきでこ、これも1pin掛けてから直登するのが核心らしい。私は3pin後も直登した方が難しそうだと思ったが、ルートは右に屈曲しており無理があった。ホルドが持ち難いがOS。

上仏岩へ。
9.仏の顔も三度まで、下部を省略して上部から。前回落ちまくりした核心は、手順を確認しながら試すと3回目に漸く登れた。
終了点下も直登出来ず、左に寄って登る。
今回はやっと自力で登れたので、次回に期待出来そうだが、何分下部のゆるして大阪で消耗した後では、何処まで指力が残ってるか怪しい。RPにはまだまだ工夫が必要でしょう、
あっとの間に17時になり、本日も終了。

典型的な梅雨空の下、気温も高くならず雨も降らず、快適な岩場で1日楽しめました。
3年ぶりで小仏でRPでき、喉元に刺さってた、でこでこ、げきでこを処理し、仏の顔の核心ムーブが分かり充実したクライミングが出来た。