TweetsWind

一年ぶりの千石岩2016/05/15 20:38

今週は快晴の下、千石岩で登ってきました。
大津京駅でメンバーと合流すると、知人が参加するとのことで岩場近くの駐車地まで車で上れて楽できました。

一年ぶりの岩場は、今日も快晴で既に若者達が登り始めています。
我々は各々空いているルートを探して岩場を巡りました。

ノースフェイスの裏側、入門者用の岩場。
新人に登ってもらう。
左ルート、体感5.7。
右ルート、体感5.9。

ホープ壁
オダハング、RP以来の挑戦、今回もRPできた。体感10b
ノーマルルート。体感5.9
YOU、
1便目、同行者のムーブを見ていたが、核心のハング越えで足が外れてしまい登れない。
何度かムーブを探ったが登れず撤退する。

早くも昼休憩。

2便目、核心のムーブが一手進んだものの、上のカンテまで届かず落ちること数回。ムーブを試しているうちに疲れて撤退する。

2本とも全然登れる気持ちになれませんでした。

三段ハング
ミシガン、最初のハングが難しく感じました。OS。

ノースフェイス
ルート201、
左カンテ沿いに登るのですが、結構難しくて怖い。
3pin後に右側のルートに逃げてしまった。
その上も怖いので右のルートを登ってしまった。
体感10dに感じました。

これで時間になり終了。
2回目の千石岩は、厳しく感じた一日になりました。
次回は来年でしょう、覚えてるかな?

初めての千石岩2015/05/11 19:43

昨日は、朝から快晴の下、初めて千石岩で上ってきました。
駅から歩くと結構遠い、最後の0.1kmが急で長く感じたのは私だけか?
既に志津川の主がおられ、岩場を解説してくれる。

準備をしているうちに後続隊も到着し各自開始する。
私は、白鳥の湖の左にあるスラブルート(名前不明)から。しっかり足を置けば登れる。岩場の主曰く手を使わずに足だけで登るのだそうだ。

ノーマルルート。ロープが屈曲しそうなのが見て取れる。流れを意識して支点にクイックドローを2本掛けで登るが、やはりロープが重かった。

オダハングを登るメンバーのムーブを観察する。、志津川の主のムーブは微妙に違い面白い。しっかり勉強させて貰った。

パフフェイス、看板ルートらしい、上部の棚からハングまでが核心に感じた。
登って見ればホルドがあって烏帽子の細かいホルドと違い持ち易く感じた。OS出来て一安心する。

午後一番はクリンクリン。
ムーブを見てたのでFL。左のトラバースが非常に怖く感じた。
NPを使わないと、とても怖くて上れません。
カムの回収で失敗して、回収を頼むことになった。
なかなか外れず、モンキーレンチを使ってやっと回収出来た時はホッする。

白鳥の湖。
限定がいろいろ有って、地元クライマーに教わりながら取り付く。
下部を何とか落ちずに上がり、上部の棚に上がった所で止まってしまった。
パフフェイスと同じホルドを使って良いものか迷い、いろいろホルドを探したが見つからない。仕方なく右カンテを使って上がる。足を上げればホルドが現れ、MOS出来た。
100岩のルート図では、ルートが重なっているので使っても良かったのでしょう。

この時、横のパフフェイスの1pin後にメンバーが落ちて、棚に足を打ち付けた模様だった。登ろうとしたが降りて様子を見ることになった。

オダハング、メンバーの登りを見てたので、ムーブは分かった。
だが実際登ると、私のムーブは皆さんと違う事が分かった。
取り敢えず1便で登れたので気分良く終えることが出来た。
メンバーををゴルフ場まで引き上げ、車で帰宅してもらうことになり見送った。我々は駅前で小宴後、大津京を後にした。
岩場自体は知っていたものの、初めて登った千石岩は、テンションしなかったので良い印象を持ってしまった。
次回は来年でしょうね。