TweetsWind

CRUX練習会10/112017/10/12 09:25

昨夜は暖かい夜になり、冷房が入っている中で登って来ました。
最近は遅くしか入られないので、柔軟も短めになってしまいますが、時間が無いので早速開始。
正面左の定番も今回で登り納めです。
10b黒
10b緑
スラブ10a紺

垂壁11b紺、
何時もの地点でテンション。このムーブは苦手です。このムーブだけ出来ずに終わりました。

正面左11c黄色/、
これも毎度同じ所で止まりますが、終了点まで止まりながら
やっと登れました。

右壁11c緑、
初めて左の遠いホルドが取れたものの、次のキョンが上手く決まらずテンション。各停で抜けました。

正面左11c黄色お玉
全然出来ません、1pinも掛けられず撤退。

右壁10b桃
10a茶
垂壁5.9
最後にスラブ11a緑の核心を触って終わり、
季節外れの暖かさで、帰り道でも汗が出ました。

予定外の「烏帽子岩2017/10/10 20:33

連休中日の日曜日に烏帽子で登りました。
不動に行ったメンバーと上手く出会えず、烏帽子に着いたらアレ?
幸い知人が数名居たので一緒に登りました。

予報では快晴の筈が曇り空、気温が高く前日の雨の影響もあり、ルートが限られているのに大勢の人なので、烏帽子名物ロープのスダレが続いてました。

イナイいないバアで開始。
入門者に手順を見て貰いながら登る。

ゴールドフィンガー、
マスターで久々に登り私のムーブを披露する。
2人登った後回収でもう1本。
回収の注意点を教える。

エイトマン、
毎回直登してるので、カンテを使う5.8の登りの方が難しく感じる。

早くも昼になり休憩
ピーチを入門者に登ってもらい回収する。

すきま風、
久々だと、どうも登れませんね。カンテ下のクリップが出来ずテンション。次のムーブでカンテ裏の極小カチが保持できずテンション。
昼になり暑くなって全然保てないので撤退する。

タイムトンネル。
超久々、入門者用に中間部でTRにする。

この辺りで見慣れぬ外人が来て、英語で書かれたトポを見せられ、この岩場は何岩だと聞かれてしまった。
安山岩だと答えたが、実は凝灰岩らしい。
maybeと言って於いたが、嘘ついたかも?
太陽がいっぱいを案内し、60mが必要だと教えておいた。

最後にアフターバイトを登り終了。
今日は、スカーフェイスにいたメンバーに会えずに接待クライミングでした。

CRUX練習会10/42017/10/05 10:06

昨夜は急に肌寒くなりましたが、ジム内は快適でした。
今週のリード壁は少なく、連休に備えて控えている人が多かったようです。
垂壁と正面左が15日までなので、登り慣れたルートも後僅かになりました。
正面左の定番から開始
10b黒
垂壁10d黄色、結構指にきた。
10b緑
で今回は少なくしてup完了。

少し前から取り付いている右壁11c緑、
1pin後の左のトラバースが何故が出来ず苦労する。
最初の核心左手で遠いホルドが取れずテンション。
前回感触を掴んだキョンも決まらず、上部の遠いホルドも届かず、
各停で何とか登る。

正面左11c黄色、
今回、やっと1回で右トラバースが出来たが、次のクリップが出来ない。
苦手なクロスも失敗して、各停で登る。

垂壁11b紺、
ここも毎回止まる3pin後のムーブが出来すテンション。
4pin目を掛けることが出来たことと、5pin目のクリップ方法が分かったことが成果だった。

スラブ11a緑
久しぶりに登ると全然駄目、2pin後のスローパーから左のトラバースが何度繰り返しても出来ません。どうして2回成功したのでしょう?
幻に終わりそうです。
これで消耗しました。

垂壁11a
入門者のビレイ練習を兼ねて登る。
疲れたので、上部で休憩しながら登るとRP出来た。

垂壁11b紺
最後に登ったが、保持力が無くなっても核心までは登れることが分かった。クリップの練習をして降りる。

今回は、11台を6本にして違う登り方をしてみました。
少ない本数でしたが、スポーツジム後の様な疲れを感じてます。

CRUX練習会9/272017/09/28 18:45

恒例の練習会で登って来ました。
遅く入ることが多くなった最近は、ジムに行くだけでも気合いが必要です。
今週のリード壁は我々の貸し切り状態ですが、メンバーが多いので空いた所がら始めます。

正面左
10b黒
ルーフ左10b茶
10b緑
の定番からスタート。
右壁10b桃
スラブ10b黄色
の10bシリーズでup完了です。

先週から取り付き始めた右壁11c緑、
1便目、1pin目のクリップで手間取り、再スタート。
3pin後のトラバースで左手が届かずテンション、チビにはキツイムーブです。
次のクロスも遠くて挫けそうになります。
何とかムーブを見いだしても、次も遠い。
各停でどうにか登る。
2便目、
トラバースで、指がホルドに届くものの、数センチ届かずテンション。
う~ん、、、一工夫必要です。
出来ない所を省いて各停で登るが、最後に遠いホルドが取れず撤退した。

右壁左11c銀、
前回より一手延ばしたが、ルーフ下で止まる。
ルーフ上の核心一手がここも遠く感じます。
解決できずに撤退。

垂壁11b紺、
3pin後の核心で、今回も進歩無し。
続ける事に意味があるルートです。

10台は飽きたので、後は適当に登る。
ルーフ右10a茶
右壁10a茶
スラブ10a紺
で本数のを稼いで終了。
涼しくなったものの、汗が噴き出した練習会でした。

グラビティ9/222017/09/24 21:12

先週末はグラビティで体を動かしました。
今回のジムはやや少ない人です。
正面壁の10cでup開始。
左10c黄色
左10dオレンジ
右10c黄色
一旦休憩後
中央10c水色
でup完了。

中央11c緑、今回も乗り越しの一手がでずテンション。
壁ですね、気長に毎回取り付きます。

中央11a黄色、人気ルートで次々に登ってる隙を見て登る。
 
正面右裏、11a緑/、テカテカに磨かれたホルドで登り難く感じます。
最後は気合いを入れて左手で終了点を掴んだ。

その左横に出来た大ガバの10a赤、今までに無いムーブで新鮮です。

正面左10a赤
10b緑
を入門者のビレイ練習台になって終了。
週末の運動不足を見越して登って来ました。

CRUX練習会9/202017/09/21 01:15

昨夜もジムで登って来ました。
涼しくなりリード壁は大盛況です。私が入った頃には既にupルートは順番待ち状態でした。
そんな中、隙間を見つけて登り始めます。
ルーフ左10b茶
正面左10b黒
10b緑
の定番で一休み。
右壁10b桃
右壁10a茶
でup完了。

今回は、11台を中心に登ります。
正面左11c黄色/
もう何便出したのでしょう?、
相も変わらず4pin後から上に登れません。
辛うじてトラバースが初めて出来たことが成果です。
次のクリップからがキツイ。当然クリップも出来ずテンション。
私にとって壁が大きく立ちはだかります。

右壁左11c銀、
4pinでテンション。手順を間違いました。
その後も、ルーフ下辺りから急に腕に負担が掛かります。
核心は、終了点前の一手を取る事。しかし核心前で既に保持力無し。
各停で登っただけになりました。

垂壁11b紺、
入門者にビレイヤーになってもらい挑戦。
慎重に登り、毎回止まる所で今回もテンション。
どうにも出来ません。
やっと右足がホルドまで上がったのが成果です。
各停で登り何とかムーブが繋がったものの、クリップが出来ません。

その間、入門者の見本に10a赤を登る。

右壁右11c緑
中盤のスローパーで保持できずテンション。
後は各停で取り付いたが、遠くて足場が無いムーブが続き、指に堪え
たので撤退した。

最後は筋トレ
1本目に登った10b黒を再登したが、上部でテンションが入ってしまい終了。
今回は、11台を登って新たな刺激を入れました。

CRUX練習会9/132017/09/14 22:40

暑さも収まり、昨夜は大勢のメンバーでジムは大賑わいでした。
今回の私は、11cで壁を感じており、気持ちが今ひとつ盛り上がらないので難しいルートは避けて2本続けて登こととし、本数を登ることにしました。

正面左の定番から開始。
1, 10b黒
2, 10b緑
3, ルーフ左10b茶
で一旦休憩後、先週OSした

4, ルーフ10c桃
5, 右壁10b桃
休憩後
6, 右壁11a赤
7, ルーフ右10ab茶
休憩後
8, 正面左10c赤
9, 同じく10d紫
休憩後
10, スラブ10a紺/
11, 右壁10a茶、上部で初めてテンションが入った。
休憩後 
12, スラブ10c黒、これで保持力を使ってしまった。
休憩後
13, 正面左11a赤、落ちる寸前だった。
14、a桃/、ここでもテンションが入る。
休憩後
15,  垂壁10d黄色、2pinで撤退。
完全に売り切れてしまい終了。
久々に15本登って疲れてきました。

堡塁岩20172017/09/10 21:35

今日は所属会の例会で、堡塁岩で登りました。
天気予報通りの快晴の下、駐車地点に向かうとメンバーが既に待機してます。
一年ぶりの岩場は、何時も緊張する下降路は乾いており、降りやすかったです。
いろんなルートが交錯する感じなので、大体のルートです。
中央稜東面
チビッコフェイス・ハング左の新ルート。
どこから取り付いて良いか分からず適当に登る。
出だしの2pinが核心で上部は直登ルートに出た。
南面
凹角ルート、カムを挟みながら登り、良い練習になった。

大ハング右から電光クラック
2回目だが、出だしの高度感に恐れを成します。

昼休憩後。
西陵新ルート
直登ルートから上部も直登するルートで。上部の斜め斜上する3本のラインから、アディダスと命名したらしい。
上部は左に逃げたくなるがpin道理に直登した。

山本カンテ、
出だしが核心。到底登れないので左の岩を使い登ってみると何とか登れた。

西陵ハングVar2
百岩はVar1と2が逆に記載されてるらしい。
毎度濡れているルートが乾いていたので挑戦。
ハング越えの数手が核心でした。
これで西陵は終わった。

対岸の中央稜西面では、メンバーが盛んに挑戦しており、
最後コズミックラインの回収に時間を要して日没直前に終了しました。
次回から、この面が目標になります。