TweetsWind

白浜ニューいそぎの岩場2014/02/09 22:42

昨日の寒波で、白浜も雪だったに違いないと思いながら行って来た岩場は、午前中は寒さが残ったものの、流石に南紀だけあって、午後から晴れると暖かくなり登り易い1日でした。

初めての岩場なので、昨日からいろいろ調べて挑んだが、あまり役に立たずに終わった。
南紀は何十年ぶりだろう、子供とアドベンチャーワールドに行って以来です。?
ハマブランカやグリーンピアはもう無い、遠い昔話だ。

大阪を出る時は時折雨が降って心配したが、岩場に着くと乾いており、十分登れそうで一安心する。
沖合を行き来する船が見えて、なかなか眺めがよろしい。気持ちの良い岩場です。


先ずは、TR課題で体を解す。
スフィンクス左のプロフィールで開始する。
ポケット(?)波返し(?)で2本目、再度プロフィールのハングルートでupした。


スフィンクスをOSトライする。
核心のハングを越す際、チェーンにクリップした後、一旦降りて体勢を整えてから、キーホルドと思われし所で保持してハングを越した。MOS。
これで、取り敢えず来た甲斐があった。
右横のTR課題(クラック?)にNPをセットしてくれたのでリードで登る。


直ぐに昼になって休憩、やっと陽射しが差し込み始め暖かくなってきた。
午後はたまごっちのある所に移動する。
何だか眠くなってきた。
看板ルートのたまごっちを登ることになる。
1便目、OSトライは、左足に乗り込み出だしの一手目で早くも失敗する。
気合いを入れ直し、再度同じムーブをすると、今度は登れた。どうやらこの離陸が難しいらしい。
2pin目のクリップで消耗して、右カンテを取っただけでテンション。
3pin目もテンション、どうにか上の棚に乗り込め、たまごの上の終了点にクリップした。

2便目、今度は出だしのムーブを替え、右足から開始してクリップ出来たが、2pin掛けるまでのムーブが分からずテンション。いろいろ試したが解決せず降りた。

3便目はプリクリップで開始、やっと2pin掛けるムーブが分かった。
後は各停で終了点まで登る。

この3本で半日費やしてしまい、指の保持力が無くなってしまう。
既に15時を過ぎており、帰りモードになってしまった。TR終了点の回収に残り、
メンバーに先に行ってもらう。


看板ルートのぎゃーとるずを眺めながら、ローレライのビレイ後、TRで回収に回った。
どうやら、終了点は手前のトサカの終了点にしたようで、また課題が残ってしまった。

どうなるかと心配した遠征でしたが、1日登れて良かった。
次回は来シーズンになりそうですが、たまごっちのリベンジを果たしたいと思ってます。